ケーキを残した

スポンジケーキを、コーヒーと一緒に出して食べ始めたんだけど、ちょうど仕事が忙しかったのと、こーhーだけを飲み干してしまって、ケーキだけが半分残ったのです。
でもそのケーキが、、、食べることができなかった。
食べる気が無くなってしまった。
しばらくテーブルの上、、、すなわちそこが仕事場のテーブルなんですが、、、に、置いてあったが、食べたくならないのでだんだんと乾燥してきてね。。
食べなくちゃ・食べなくちゃ、、、で数時間立ってしまった。
次のお茶の時間に食べたけど、、ケーキって置いておくとあんなに乾燥してくるものなんだねーー。
ケーキってよりはスポンジケーキ、で、スポンジだけ、だったけど。
どうして食べられなかったのか、、、最初から少しパサってした感じだったのと、コーヒーなどと一緒じゃないと食べにくかったのかもです、意識はしてなかったけど。
パソコンで仕事しながらだと食べにくいので、やっぱり「今はお茶タイム!」ってしないとダメですねーー。
仕事は仕事、休憩は休憩!!・・・だーーーー!

巫女さん

神社にいる巫女さんというのは、お正月などはアルバイトがしてるって知ってます?
以前はそういうのが多かったんです。
あの髪の毛は、時にはつけ毛ですよ。
でも元々の髪の毛の色が茶色いと、その巫女のアルバイトも採用されないんですって。
外国人はダメてことか、、いっそのこと、そてしまえばいいのかな?
髪の毛がなかったら色のことは言われないわけだ、、なんかそれって不公平?笑
なんか巫女さんって神秘的なイメージがあります。
一度はやってみたい気もします。髪の毛がなかったらできそうか??
(私は生まれつき真っ黒な髪の毛ではないのです)
お正月になると神社でみてはいつもそう思ってました、、、アルバイト、したいなって。
あんがい、年末年始、って、学生の時って暇なんですよねー。
アルバイトして稼ぎたい、って、誰もが思ったはずだし、探してやっていたはずなのです。
何かできること、、も考えるけど、やりたいな、ってことができたらいいじゃない?
でも巫女さんには一生なれない、ってことがわかりました、、悲しいーー。

ディカプリオの映画

映画「ギャング・オブ・ニューヨーク」はディカプリオの映画の中でも好きな方です。
この映画は実話だと言う岩佐もあって、それは半分本当。
こう言う人はいて、こう言うことがあった、は本当。
映画をよーく見てると、あの時代の人物がちゃんと出てきてます、選挙のこととかね。
アイルランド人がその後警察官になっていったと言うのも、今もまだその名残もあるし。
歴史も学べるいい映画です。
プロテスタントのイギリス系の保守的な旧移民と、カトリックのアイルランド系の新移民の対立は実際にあったものでだしね。
こういう宗教のこともわかる映画になってます(ただ見てるだけでは理解できにくいけど)。


この時代のことを映画にしたのは、、、そう、、「遥かなる大地へ」もそうですね。
トム・クルーズとニコール・キッドマンが出てて、あの映画がきっかけで結婚したとか(?)。
なのでアイルランド人がどんどんアメリカにやってきて、奴隷制度がなくなりつつあった、
あのリンカーンの時代、、ってことがわかります。
内容が違うから全く違う時代みたいに感じるね、でも同じなんです。
暴動があったのも本当。
ファイブ・ポインツを牛耳っていたアメリカ人がいたことも本当。
スコセッシはすごいねーー、いろいろ調べまくりだ。

イモトさん

タレントのイモトアヤコさんは、もういまでは誰もが知っている、あの、
猛獣ハンター、ですね、世界を駆け巡る人です。
性格も好きだな、、、なんでも一生懸命で。
彼女は最近結婚しましたね、相手は一緒に仕事してる人で、最初はタイプでもなんでもなかったけど、
ある時に「この人のこと好きかも」ってなって、逆プロポーズしたっていう。

それを自分が出てるテレビ番組で発表して、結構なニュースになったと記憶してます。
私もびっくりしました。
その旦那さんと新婚早々喧嘩したりもしたそうですが、どうやら仲良しみたいです。
イモトさんならなんでも明るくやっていけそうですよね。
細かいことは気にしないし、仕事で一緒だったのなら忙しいのもわかっているだろうし。
家事をどの程度しているのか、どういう分担なのかはわかってないけど、
承知して結婚を決めたんだから旦那さんと助け合ってやっているのでしょう。
イモトのような奥さん、もらったら楽しいよね!
最初はタイプじゃなかったけど、、ってところもなんか交換もてます。
如何してかわからないけど笑

よくある話、、、になってきた

お亡くなりになられましたが(ご冥福をお祈りいたします)、美容化の人とか、
声優の人とか、「なん千万と着服されました」とか
「何億円って騙されました」とか、、、なんかよくある話です。
よくある話だよね、、って事になってきたのが悲しいですわ。
着服されたまま、、なのか、取り戻した、のかは知らないけど、幹事としては、美容化のケースではそのまま、ですねー。
それだけのお金があった、ってことにもなるけど、お金がある、騙せる、ってことが分かってて、
「騙せる人」だったわけですよね、、、怖いーー。

お金もないし、騙されない人(われら一般人)には関係ないけど、
だからこそ「怖い」と思ってしまう。
お金があるととんでもないことになるものだ、、、なくていい、、、そんなにたくさんは(!)。
少しなら欲しいって意味ですよ笑

よくある話、、でしょ??笑

フリーメイソンって?

本を読んでいて「フリーメイソン」なる言葉が。
意味が分からないまま読んでいくんだけど、これはこの意味が分かってないと読み進めても面白くないな、
って判断して調べました。
フリーメイソンとは、16世紀から17世紀にかけてのなんとか結社、で、その「なんとか」の意味が分からず。
今調べてる時間はないのでそのままいきます。

特殊な衣装をきて、怪しい事をやていた、今の新興宗教みたいなものらしい。
確かに、新興宗教の本がらみの本で「フリーメイソン」って出てきてた。

なんかね、、秘密結社って言うんですけど、この意味がわからないのですわ。
怪しいってだけ。
イギリス発祥みたいです。
こういう、怪しい宗教がらみの、怪しいことが世の中では怒ってるわけです、
日本にもいるそうですよ。
なかには「創価学会がそれだ」って言う人もいます(違うんじゃないかなー?)
結局よく分からないのですが、分かるかた、幼稚園児にも分かるように説明してくれませんかねーー?
難しいのでうよーー、調べててもーーー。

時計が鳴る

エドワード8世、、、シンプソン夫人と結婚したいがために王冠を捨てた人、です。
彼の、古い時代のインタビュー動画を見てたら、途中で時計が「チーん!ちーん!」って、、笑
でも、とっても格式高い音でしたよ。さすがですねー。
時代も感じますが、嫌な音ではなかった。
もしあれが、彼が持っていた(当時はない)スマホだったら嫌な感じがしたでしょう。

それにしても格式もあて、さすがなブリティッシュ・イングリッシュ、しかも上級な人たちの英語でした。
隣のシンプソン夫人はまだアメリカ英語ですが、でもどこか格式高い漢字もしました。
そうなっていくのでしょうねー、あういう生活していると。
もともとすごい貴族の出身ってわけでもないですし。
でも本人も「自分は美人ではない」と公言しています、
「美人じゃないから身なりには気を付けてるわ」とも。
その言葉とおり、いつもオシャレでしたね。

あんな動画を見ると、微笑ましいイメージもつくけど、格式の高さ(何度もいいすぎ?)の確認にもなっていいです。
時々はこういう動画を見ようと思った(笑)。

貢ぐ人

女性が男性に貢ってパターンが多いようですが、どうしてそういうことしてしまうんでしょうね。
愛情、、でしょうけど、お金や品物を貢いでしまうって、、、考えられないなー。
しかも相当なお金、または高い、だいたいはブランドものなどの財布とか、、そういうのでしょ?
考えられないーー。
その先にあるのは「結婚」の二文字みたいですけどね、、、そんな人と結婚したって幸せになれないし、
だいいち結婚は考えてないか、結婚しても一生お金を貢ようになるのですよ。
それでもいいならいいのですが。

いろいろな貢ぎ方がぁるもんどえす、例えばマンションとか家を購入mってときにお金出して。
でもそtれが相手の名義で、、法律的にどうしようもなくなって。。。とか。
(別れ話の時の話です)
お金のでどころがはっきりしていたら裁判にでもかけたら、、とも思うけど、そこもうまく出来ていた、とかね。
ガタガタするのが嫌だから結局は諦めた、、、こういうのもいわゆる「密儀」だと思うのです。
もったいない!
貢いではいけない。
でも本人はそういう意識がないんですよね、そこが問題だ。
どうしようもないんだろうなー。

ソファはダメ

ソファというしろものは、座るだけならまだいいけど、のんびりと身体を横たえてしまうとダメなものです。
というのも、すぐに寝てしまうから。(そこ?)
寝てしまうと仕事にならない、普段は昼間にソファに座るって事はまずないのですが、
週末に、たまに座ることがあります。
そこで少しでも気を緩めてしまうと寝てしまい、もうダメ、、、これはダメです。
なのでそれもあってなるべくソファにはいかないようにしてます、疲れてるんだなーー。

それを家族に行ってもね、「たまにはゆっくりしたら?」といわれるしまつ。
したいよ、ゆっくりしたいです、でもね、、そうすると寝てしまって仕事にならないのーー。
仕事させてーー。
ということで、もうソファは要らないな、とまで思う。
でものんびりしたい時は必要だし、1日の終わりはソファでのんびりしないと、逆にベッドで眠れなくなる。
ベッドに横になりながらテレビが見たいけど、今の家の作りではそれが出来ない。
青ふぁの部分だけがのんびり出来るところで、テレビが見える場所なのです。
それだけ居心地がいいってことなのですが、ソファのメーカーなどは全く知りません。
もう少し大きいともっと寝やすいかな(!!)。
でもダメです、寝てしまってはダメなんpだーー。

と、自分にいいこかせ、ソファにいかないで仕事してます。

おにぎり

「おにぎり」と「おむすび」って、東京都大阪の違い??でしたっけ?
どちらでもいいのですが(笑)。

おにぎり、ですが、コロナで学校が休校になったとき、世の中のお母さんはお昼ご飯作りに大変だったみたいです。
そんなときに「おにぎりランチ」を提案してた人がいました。
おにぎり、だけではつまらないけど、あとは卵焼きでも何でもてきとうに。
これでも面倒くさいけどね(!)。
でも、1つのアイデアとしてはあり。

1つの種類だけじゃつまらないけど、オニギリの種類(具?)を替えていくつか作って置いておけば勝手に食べるでしょ。
もちろん家族皆で食べてもおいしい。

お祭りみたいな感じですよね、テーブルにおいてあった、好きに食べなさーい、みたいな。
ちゃんと手を洗ってね。

ふりかけがあれば出来ますしね、、中身は全部梅干しでも(!)。
よのなかのお母さんたち、本当にお疲れ様ですーー。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク